Illustratorで雲を描く、(たぶん)世界で一番簡単な方法

イラレで雲を描くたぶん世界で一番簡単な方法

Adobe Illustratorで雲を描いてみます。

本物の雲を観察してみると、複雑な形をしていて難しそうですが、なにも実際の形をペンツールで描く必要はありません。この方法なら2分くらいでOK(※個人差はあります)。

使うのは「だ円ツール」のみです。

Illustratorで雲を描く

まずは背景に、空っぽい色をつけましょう。(すみません。ここだけ矩形ツールが必要でした!)

その上に、だ円ツールで白い丸を描きます。

Illustratorで雲を描く

その丸に、「効果」→「ラフ」を適用します。

Illustratorで雲を描く

数値はだいたいこんなもの。

Illustratorで雲を描く

続いて、「ランダム・ひねり」を適用します。

Illustratorで雲を描く

さらに、「ぼかし」も適用します。
Illustratorで雲を描く

最後に、ちょっとだけ透明にします。「透明」パネルで「スクリーン」「80%」と設定します。

Illustratorで雲を描く

ここでひと段落。いま作った円を「アピアランス」でチェックしてみましょう。けっこういろいろ付けました。

アピアランス

そして、だ円ツールを持ったまま、いくつか円をざくざくと適当に描いていきます。

Illustratorで雲を描く

重ねたり、あるいは長くしたり、入道雲のようにもりもり重ねてみたり。気分でいろいろやってみましょう。

最後に、影をつけてボリューム感を出してみましょう。

先ほどの円をどれかひとつコピーしておいて、色を黒に、透明の設定を「乗算」「15%」に変えます。
Illustratorで雲を描く

これで先ほどの白い雲のところどころに円を重ねて描くと、影っぽくなります。

Illustratorで雲を描く

できあがり。

ちなみに、できあがりをアウトライン表示してみると……Illustratorで雲を描くだ円形しか描かれていないのが分かります。

関連記事